再販売価格維持制度を知っていますか? - 子育て主婦がネットビジネスの本当のところを話します

子育て主婦がネットビジネスの本当のところを話します ホーム » スポンサー広告 » せどり » 再販売価格維持制度を知っていますか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再販売価格維持制度を知っていますか?

Amazon様で最初に本せどりを始めた人は多いと思います。

私もキャプテンも元々はブックオフせどらーでした。



中古本を取り扱うのがメインだったわけです。


では、新品の本は、せどれるのか?ということなのですが、答えは…





せどれます




定価超えしている本はせどれるわけです。


いわゆるプレ値ってことですね。



。。。


しかし、Amazonでのカタログページにプレ値の本ってほとんど無いのはご存知ですか?


その理由って知ってますか?




再販売価格維持制度通称「再販制度」
というものがありまして、新品の本の価格は変えちゃいけないというルールです。

(本以外にもあります)




独占禁止法の例外とも言われているこの制度は、どこに住んでいても平等に文化(書籍)を手にすることが出来るようにしましょうってことを目的としているそうです(諸説あり


つまりですね、東京みたいに人が多いところでは安く本が買えて、地方の人は高い本しか買えないとなると、地方の人が情報(書籍)を手にする機会が減ってしまうみたいなことが起きないようにとのことです。



あと、ニッチな書籍を出している出版社を守る意味合いとかもあるそうです。
割に合わないとなって、貴重な出版物が減ってしまってはいけないってことですね。




そういった観点から、Amazonでも、新品書籍は「定価」で販売するのがルールなのです。


。。。


では、どうやってせどるか?と言うと…


ほぼ新品 ということで中古扱いで出品するわけです。



最近は、ちらほら定価超えのカタログページがありますが、Amazon様の対応が追いついていないという部分と再販制度適用外の書籍が実はあるという事実…




しかし、見分け方は「他の出品者さんが出してて大丈夫そうだったら…」みたいな曖昧なものですが(汗)




出版社に問い合わせても素直に教えてくれるかは…謎です(´;ω;`)




ちなみに、DVD付きとかフィギュア付きとかの書籍は再販制度適用外になりやすいらしいです。




アウトの時は、出品停止になるので引き下げるしかないですので、挑戦する時はお気をつけて…




というわけで、チーム生のあやさんからのご質問から、Amazonさんに問い合わせてみたので記事にしました♡
あやさんありがとうございました(●´ω`●)




お役にたてたらポチリとお願いします!
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村



今日は活字を多く見すぎて疲れたので、ちょっとストレッチして寝ます〜



#読書の秋#どっきん法#文化を大事にする国#せどりって勉強になる
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://jufuku.blog.fc2.com/tb.php/229-17c8ee77

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。